犬のトリミングの理想的な頻度は?

この記事の所要時間: 34

犬のトリミングの理想的な頻度

愛知県名古屋市、犬のしつけわんわんマナースクール代表の鈴木です。

今日のテーマは、「犬のトリミングの理想的な頻度は?」です。

犬の手入れについては、

1.グルーミング
2,トリミング

以上大別して2種類の方法にわかれます。

もともとトリミングと言うのは、カットするという意味ですので、

カットしない犬もいるわけです。

では、グルーミングとは何でしょう。

動物が自然界で生きるために、自分の身体をおおっている毛を、

整えたり、ダニや汚れを取り除く

毛づくろいを指してグルーミングすると言っています。

余分な毛を取り除くため、地面にこすりつけたり、

立木に体をこすりつけて、よごれや寄生虫や余分な毛を

取り除く行動が見られます。

表面の毛づくろいは、体温調節や雨などを弾く役目をする被毛を

整える大切な行動なのです。

人に飼われる犬達は、ブラッシング、シャンピング、ドライイングと言う過程を経て

からだを清潔に保つわけです。

ブラッシングは毎日することが大切です。

ゴミ、汚れを取ること。

摩擦によって、皮膚の血行を良くすると、内蔵の健康にも役立ちます。

シャンピング、ドライイングつまり、

シャンプーをして、乾かすことは、2週間を目安に行ってください。

あまり頻繁に洗うと、皮脂を取ってしまい感想や毛を傷めると

されてきましたが、シャンプー剤が今では優れていて、

何度洗っても、大丈夫なようです。

汚れや匂いが気になったら、

洗ってあげましょう。

トリミングですが、カットを必要とする犬種の場合は約1ヶ月ぐらいが

一般的な期間とされています。

抜け毛や暑いと言う理由で、刈っては行けない犬種もありますので、

注意しましょう。

私達人間と違って、犬の毛は、皮膚の延長と思ってください。

むやみに、人間の都合でサマーカットと称して刈らないことです。

犬種、その犬の健康状態で期間も様々です。

専門家に相談してください。

 

トリミングは自宅でできる?

トリミングを飼い主が出来るかというと、

できないことはありませんが、

トリーマーと言うカットのプロにお任せすることをお勧めします。

トリーマーは、犬の弱いところを知り尽くしています。

嫌がる犬がほとんどですから、短時間でカットしますし、怪我をさせないよう再診の注意を払ってトリミングします。

犬を飼う以上、それくらいの費用は必要なのです。

また、犬の異常をいち早く発見してくれます。

毎日接していると逃しやすい異常を知らせてくれます。

治療代に比べれば、はるかに安価な健康管理ですね。
a0800_001214

トリミング中に暴れる犬のしつけ
トリミングで嫌がる犬のしつけについては、子犬の時から鳴らすことが一番です。

日頃、ブラッシングを欠かさずされていれば、トリミングで暴れることはありません。

飼い主さんとの関係を良くするお手入れは、毎日のブラッシングです。

無理にすることなく、優しくゆっくり撫でるようにブラシを掛けてあげると、

気持ちがいいので、暴れません。

ゴシゴシ削るようなクシの入れ方は、とても刺激があって、痛いのです。

a1470_000039あばれるのは、痛いよーとうったえているのです。

専門的な、トリミングはトリーマーさんへお任せしましょう。

しつけスクール情報

名古屋の犬しつけ教室
マナースクール


愛知県名古屋市
南区千竈通1-39-2
TEL:052-824-1313

 メニューと料金

ライタープロフィール

ページ上部へ戻る