犬の口臭対策と歯磨きの必要性

犬の口臭対策と歯磨きの必要性

この記事の所要時間: 417

犬の口臭対策と歯磨きの必要性

こんにちは、名古屋で犬のしつけ教室「わんわんマナースクール」をやっている鈴木登子美です。

今回は、「犬の口臭対策と歯磨きの必要性」というタイトルで書きたいと思います。

基本的に犬でも人でも口臭はあります。口臭は口腔内の細菌繁殖による物と食事摂取に伴う化合物が発する物があります。歯磨きをしなければ当然人間であっても口臭は強くなります。

犬は食べ物のカスが歯垢となり、細菌の住家になり、歯垢は歯石に変わり、歯肉は炎症を起こし、痩せ、歯と歯肉の間にはますます歯垢が貯まり、細菌が増えます。

 

愛犬の行動・しぐさをチェック

❏ 口臭が有る

❏ よだれが多い

❏口の周りが汚れている

❏柔らかいものしか食べ亡くなった

❏片方の歯で、ものを噛んでいるようだ

❏口を触られるのを嫌がる

❏前足で口の周りを気にしてる

❏鼻血や鼻水が出たり、くしゃみをする

❏頬や顎が晴れているか、穴が開いている

・・・・・など

 

犬でも食べ物によって消化器から漂う臭いもあります。脂肪分やタンパク質は臭いの成分が強くなります。犬が好む肉食動物の肉は臭みがあり、草食動物の肉は臭みが少ないのはその為です。

また、肉をよく食べる人ほど体臭が強いです。

 

「骨を与えることについて」
皮革や骨をチューイングすることによって犬の歯ぐきはマサージされ歯磨き効果があり、あごの筋肉は運動されて、歯は清潔に保つことができますが、犬に骨を与えることについては賛否両論があります。

生の骨は加熱済の骨に比べて割れにくい反面、サルモネラ菌を犬に感染させる恐れがあり、ゲーキングされた硬い骨は犬の歯を損傷してしまう恐れがあります。

骨の飲み込みは激しい痛みを伴う腸閉塞につながり、外科手術による除去手術が必要になることがあります。まだ仔犬のうちに骨を与えると、多くの犬は骨をしっかり噛むことを学習します。

成犬になって骨を与えられた犬に、腸閉塞をともなう事故が多いことも知ってほしいと思います。

自然の口腔衛生については、犬は骨をかじっている最中に犬歯をおることがあります。歯をおるとそこから最近に感染して痛みが始まります。犬は人と違って食べ物をよく噛んで飲み込むということはしません。イヌの舌は塩からさや酸っぱさの違いを感じ分けて食べ物をくちのおくに押し込み、舌の巧みな運動に寄って、食道に送り込まれます。犬の歯と歯ぐきの運動量は一般的に少ないものとなります。

犬の虫歯

犬の歯と口腔の問題

歯垢が蓄積されたままにされると、目に見える歯石に変化してゆきます。歯石は歯肉ポケットをさらに悪化させ、最近の繁殖に理想的な環境を作ります。こうなると膵液は歯石に妨げられて、歯肉溝を洗浄できなくなり、細菌は歯肉ポケットさらに奥深く侵入してゆきます。これを治療せずにほっておくと歯肉炎をお越し、葉を支える骨組織にも炎症(歯周炎)が起き、向け落ちてしまいます。

膿んだ歯、虫歯、歯の破損の原因は、骨をかじることにあり痛みを伴います。
口臭にも関連してゆきますし、歯周病は何らかの感染症、外傷、アレルギーまたは栄養失調によっても起こる事があります。

犬の食事は肉食が中心ですが、総合栄養食には、繊維質など植物性の栄養素も含まれています。

口腔疾患が原因以外での口臭は臓器不全など内臓の状態の指標にもなります。

口臭以外にも気になる事があれば、体調に気をつけた方が良いのかもしれません。

 

歯石除去には、全身麻酔というリスクを伴なうことが多く、また、歯石を除去することで歯の表面に傷がつきまたその傷ぐちに歯石がたまるという悪循環が問題となっています。3年に1回は歯石取りが必要と獣医さんから聞いています。
歯石除去については、医療処置以外、残念ながら方法はありません。
日頃の、歯磨きも決して無駄ではなくしつけにも効果が上がるので、仔犬の時から口の中を触らせるようにしましょう。

歯磨きで舐めるだけでも歯石がたまりにくくなるものや、飲み水に溶かして歯垢を取り除くものもありますので、獣医さんに相談することをおすすめします。

 

最近では、麻酔無しで歯石を除去出来るという方法も各地で行われているようですが、個人的には、感染症や歯ぐきの傷から細菌による炎症など、リスクを伴うことに不安を感じています。医術に近い施術については、あまりおすすめしません。イヌといえども国家資格のある獣医さんの分野と考えます。
愛犬家のみんさんの判斷は、かわいい家族の命に関わる事、十分調べて判斷して欲しいと願っています。

というわけで今回のテーマは、「犬の口臭対策と歯磨きの必要性」でした。

名古屋の犬しつけ教室
わんわんマナースクール
{54A764FB-92AA-4961-9DA3-8DB91F65768A:01}
愛知県名古屋市南区千竈通1-39-2
TEL:052-824-1313

関連記事

しつけスクール情報

名古屋の犬しつけ教室
マナースクール


愛知県名古屋市
南区千竈通1-39-2
TEL:052-824-1313

 メニューと料金

ライタープロフィール

ページ上部へ戻る