犬に食べさせてはいけない食べ物。

この記事の所要時間: 627

犬の食べ物と人間の食べ物

a1180_015613

私達が食事をすると
愛犬が食べ物をくださ〜いと見つめます。
その愛らしい目の力に、あげたくなってしまいますよね。
すこしぐらい、と思っていませんか?

犬は、じぶんに取って嬉しい事が起きると、
学習する動物です。
食事をするたび、見つめられ、挙句には、吠えまで
入ってしまい、大変なことになってしまいます。

人間の食べ物のほとんどは味付けがしてあり
塩分・糖分が多く含まれています。
犬は人間ほど塩分を必要としません。
水をあまり飲まないこは余分な塩分を尿から
排泄しにくくなるのでさらに要注意です。
犬は味の濃いものを好むようになります。

a0002_011962

人間でも、塩分のとりすぎは病気の原因。
犬が味つけされた人間の食べ物を同じように
食べていたとしたらちょっと危険だと思いませんか?

また糖分のとりすぎは、肥満に直結です。
人間と同じで、肥満は万病のもとです。
ダックスやコーギーのように胴長短足犬は腰に負担がかかりやすいので、
肥満は厳禁です。

欲しがっているのにあげないほうがかわいそう!って
ついやってしまうのは、人間の満足度のみで、
犬にはきけんが伴います。

そして、犬が食べてはいけないのも危険な食べ物、避けたたい食べ物を
紹介します。
科学的に発見された場合は、危険な食べ物として
変わることがありますので要注意です。

わたしたち人間が食べれても、
犬にとっては中毒をおこしてしまう食べ物があります。
摂取量によっては命の危険もあります。
犬と暮らしている家族全員、大人はもちろん子供にも
ちゃんと教えてあげましょう。

■ネギ類 長ネギ・青ネギ・たまねぎ
・ニラ・ワケギ・あさつき・らっきょうなど

a0002_004833

ネギ類にふくまれる「アリルプロピールジサルファイド」
という物質が赤血球を破壊してしまいます。
食欲不振・おう吐・下痢・ふらつき・黄疸・血尿・貧血。
少量でも小型犬は危険!死に至ることもあります。
ネギ類の毒性は加熱しても消えません。

気づかないもので、お味噌汁の中にネギが入っています。
スープなどは、玉ねぎが必ず入っていますので要注意。
ハンバーグ、肉団子、しゅうまい、餃子などの加工品もネギ入りですね。

■チョコレート・ココア

a1370_000411
チョコレートやココアは「テオブロミン」という物質が
心臓や中枢神経を刺激し、嘔吐・下痢・けいれん・急性心不全になったりします。
最悪の場合、死に至ります。

ミルクチョコよりブラックチョコのほうがテオブロミン含有量は多いようです。
少量でも小型犬にとっては命とりになります。
子どもたちがチョコ入りおやつを犬に与えることがありますので、
っ注意が必要ですね。

■骨類 加熱した獣骨・鶏骨・魚の硬い骨など
骨は細かく砕けずに縦や斜めに裂け、
それが消化器に刺さってしまう恐れがあり危険です。
生の鶏骨は大丈夫。
犬は骨付き肉が大好きです。
フライドチキンの骨を見つけ
食べてしまう事がありますので、
骨を捨てるときは、ゴミ箱に捨てないでください。

■乳製品 牛乳・チーズ・ヨーグルトなど

a1180_006351
犬は成長とともに牛乳に含まれる
乳糖を分解する消化酵素が減少するため、
お腹を壊しやすくなります。

犬用ミルクに、ヌクレオチドという核酸が入っている
ものを、選んでください。
核酸は、特に脳細胞を作ると言われています。
人間の赤ちゃんの粉ミルク

チーズやヨーグルトは発酵の途中で、
乳糖が分解されてしまうので下痢はおこりにくいようです。
ただチーズは塩分が心配。
犬用の減塩チーズか人間用のならカッテージチーズがおすすめです。

ヨーグルトは砂糖の入っていないプレーンのものがよいです。
腸内細菌のバランスを整えてくれて、おなかの健康=全身の健康につながります。
個体差にもよりますが与えすぎはお腹がゆるくなったりします。
ごく少量から様子をみながらあたえてください。

■塩・

a1840_000035

味噌汁・ラーメン・ハム・ソーセージ・ベーコン・
かまぼこ・ポテトチップスなどのお菓子類、醤油
調味料。

ナトリウムは体に必要なミネラルですが、
人間の食べものの多くは味つけがしてあり塩分が多く含まれているので、
少量のつもりでも犬にとっては塩分の摂りすぎ。

あたえてしまいがちなパンも塩分が多く含まれています。
犬は人間とは違い、塩分の必要量はごくわずか。
高血圧になったり、心臓に負担がかかり、
病気のあらゆる原因になります。

■キシリトール
キシリトールで甘くなったガムあるいはキャンディーなど
キシリトール配合の犬用おやつがたくさん市販されています。
このようなおやつのあげすぎには注意が必要です。
血糖量の突然の低下、筋力整合の損失
および発作を起こす可能性があります。
肝臓への影響も懸念されています。

参考 キシリトールの有害性について(ASPCA)
野菜や果物にふくまれるキシリトールについては、
摂取量において問題になるほどではないようです。
参考 須崎動物病院院長の見解

■ナッツ類 アーモンド・ピーナッツ・くるみなどのナッツ類

a1180_002416
一般的にリンを多く含んでいるので尿石のもとになります。
味つけされているものは、塩分のとりすぎ、または糖分のとりすぎにも。
最近は、アーモンドミルクが話題担っていますが、多少なら影響はない
と思われます。

■ミネラルウォーター

a0002_006359
マグネシウム含量の多いものは結石の原因になります。
ミネラルウォーターが全くダメだとは思いませんが、
偏った摂取はいけません。
浄水器を通した水、一度煮沸した水や、
木炭をいれて一昼夜おいた水などがいいと思います。

■生卵の白身
ビタミンBの摂取をさまたげます。
皮膚炎・疲労・結膜炎の原因にもなります。
加熱すれば大丈夫です。
黄身と一緒に混ぜると大丈夫なようです。

■ジャガイモの芽、トマトのへた、青いトマト

a0960_005932
ソラニンという毒素がふくまれていて、
嘔吐・下痢・腹痛・発熱・運動失調・血圧低下などの原因になります。

■ブドウ・レーズン

a1620_000129
高濃度のビタミンD摂取・カビ毒などによる汚染物質摂取などにより、
摂取後2~3時間後から嘔吐、下痢、腹痛などの症状がでたり
急性腎不全になる可能性があります。

■ブタの生肉
生の豚肉には寄生虫トキソプラズマに感染する恐れがあります。
人にも同じ感染の危険があります。
体重が減少したり下痢したりします。よく加熱することが原則。

■にんにく

a0002_005497
賛否両論あります。火を通したり少量であればむしろ
免疫力を高めたり肝臓強化作用があるとされています。
ノミやダニなどの防虫にも効果があるとか。

でもにんにくはネギ科。少量であれば問題ないとはいえ、
悪影響をおよぼす量がはっきりしていないのであたえすぎはよくないと思います。
また、子犬や貧血を起こしたことがあるこには与えてはいけません。
参考 ニンニクの危険性について(Pets By Nature)

■ビーフジャーキー
高塩分・高リン・多量の添加物が含まれるジャーキーを主食にしたり、
毎日食べたり大量摂取すると、再生不良性貧血、臓器障害がおきやすく、
小さい頃から多量に与えていると3歳ぐらいで肝機能不全で
死亡のケースもあるようです。

以上、犬に取って危険な食べ物を紹介しました。

関連記事

しつけスクール情報

名古屋の犬しつけ教室
マナースクール


愛知県名古屋市
南区千竈通1-39-2
TEL:052-824-1313

 メニューと料金

ライタープロフィール

ページ上部へ戻る