犬に柿は大丈夫?アレルギーは?

この記事の所要時間: 346

犬に柿は大丈夫?アレルギーは?

こんにちは、名古屋で犬のしつけ教室「わんわんマナースクール」をやっている鈴木登子美です。

今回は、「犬に柿は大丈夫?アレルギーは?」というタイトルで書きたいと思います。

犬に果物を食べさせている方も多いかと思いますが、

一番好きなのは、

りんご、なし、バナナ、いちごが有名です。

水分もあり果物入りのどっぐふーどの最近多くなりました。

中には食べさせてはいけないものもあります。

では、柿は食べても大丈夫なのでしょうか?

柿はビタミンが豊富で、栄養価も高く、

犬に食べさせても大丈夫な果物です。

ちょっと意外ですが、いちごやキウイよりも

柿の方がビタミンCの含有量が多いのです。

かきは渋みがありますが、

最近の柿は、種も少なく、

とても甘いですね。

柿が大好物!というワンちゃんもけっこう多いですね。

柿の知られざる栄養素とは?

柿にビタミンCが多く含まれていることはお伝えしましたが、

それ意外にも柿にはいろいろな栄養素が含まれています。

例えば、むくみ予防や高血圧予防に効果が高いとされるカリウム。

このカリウムも柿にはたくさん含まれています。

カリウムは塩分の排泄を促すので、

むくみや高血圧に対して効果があります。

ただし、カリウムは塩分と一緒に失われるので、

夏場は特に不足しがち。

カリウムは失われやすいミネラルとしても知られるので、

柿を食べさせて上手に補給してあげるのもいいでしょう。

その他、柿に含まれる渋みにあたるタンニンにも

高血圧予防の効果があると言われています。

柿の渋みのもとになっているのがタンニンですが、

口臭予防にもなるということが知られています。

タンニンには、

体の外に出る際に体の中の有害物質を一緒に出してくれる性質もあるので、

体の調子を整えるのにもベストです。

もちろん、単純に愛犬の口臭予防として柿を食べさせてもいいでしょう。

柿を食べさせるときの注意点とは?

柿は犬に食べさせても大丈夫な果物ですが、

干し柿等の加工品は、食物繊維や糖分を多く含むため

与えないほうがいいでしょう。

干し柿はカロリーも気になります。

柿は、1日に与えてもいい量としては、

15g程度と言われているので、

食べさせすぎないように気をつけてください。

柿以外の果物でも同様ですが、

食べても大丈夫なものも食べすぎは厳禁です。

また、柿を与えるときは皮をむいて、

種を取り除いてあげてくださいね。

甘く熟した柿をあげた方がワンちゃんも喜びます。

柿を上手に使って、犬の健康管理に役立てよう!

www.flickr.com

柿は栄養価の高い果物であり、

いろいろな効果が期待できる果物ですが、

犬にはもともとビタミンCを自分の体で生成できる機能が備わっています。

柿などのビタミンCを多く含む食品を、

必ず食べる必要がある、というわけではないので、

そこは意識しておくといいかもしれません。

ただし、犬が疲れ気味、

ストレスが溜まっていそう、

食生活が乱れがち、などの場合には、

上手に柿などの果物で栄養補給するのもいいでしょう。

普段の食事と変化をつける、という意味で、

柿などの果物を食べさせるのもいいですね。

柿を大好きな犬もいますが、

苦手な犬もいますので、

愛犬の好みとも相談してみてくださいね。

柿は犬が食べても大丈夫で、

かつ栄養価の高い果物なので、

適量を守りながら上手に食べさせてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

名古屋の犬しつけ教室
わんわんマナースクール
{54A764FB-92AA-4961-9DA3-8DB91F65768A:01}
愛知県名古屋市南区千竈通1-39-2
TEL:052-824-1313

関連記事

しつけスクール情報

名古屋の犬しつけ教室
マナースクール


愛知県名古屋市
南区千竈通1-39-2
TEL:052-824-1313

 メニューと料金

ライタープロフィール

ページ上部へ戻る