犬が黄色い液や白い泡を吐くのは・・?

この記事の所要時間: 154

犬が黄色い液や白い泡を吐く!

名古屋の犬のしつけ教室「わんわんマナースクール」の鈴木登子美です。

今回のテーマは、「犬が黄色い液や白い泡を吐くのは・・?」です。

犬は吐くことがよくあります。

慌てて水を飲んだり、フードを丸呑みしてそのまま出てしまうこともあります。



食べ物に執着するいぬは、食べる量を多く取り過ぎて吐いてしまうこともありますね。

こんな状態では、それほどの問題はなく、逆に吐いた食事をもう一度食べる行動をすることもあります。
人から見れば、汚いと感じるのですが、かれらは、至って平気です。
頻繁に吐いたり、取り入れたりする行動は、犬にとって自然なことと理解しましょう。

黄色い液は、胆汁です。
お腹の中に何も入っていない空腹時に逆流して出て切るもので、
食事をすると、治まってきます。

白い泡のようなものを吐くこともありますね。
それは、胃液と思っていいです。

それも、お腹が空いている時に見られる傾向があります。
これも、食事をすると治まってきます。

ただ、その中に血液などが混ざっているときは、
何らかの異常がありますので、お医者様に見てもらってください。

頻繁に嘔吐を繰り返す場合は、ちょっと緊急自体と判断します。
嘔吐は、結構体に負担をかけ体力を消耗することなります。
それが原因で、腸閉塞にもなりかねません。

時間勝負ということもありますので、獣医さんに相談が一番です。
どうしても原因がつかめない時は、セカンドオピニオン。
他の獣医さんにも、診てもらったほうがいいですね。

獣医さん同士の連携もあり、心配せずに診てもらってください。

原因不明のままでは、治療の方法すらわからなくなってしまいます。



手遅れにならないうちの対処法です。

というわけで今回のテーマは、「犬が黄色い液や白い泡を吐くのは・・?」でした。

しつけスクール情報

名古屋の犬しつけ教室
マナースクール


愛知県名古屋市
南区千竈通1-39-2
TEL:052-824-1313

 メニューと料金

ライタープロフィール

ページ上部へ戻る