柴犬の性格(オス・メス)

この記事の所要時間: 426

柴犬の性格(オス・メス)

名古屋の犬のしつけ教室わんわんマナースクールの鈴木登子美です。

今回は、「柴犬の性格(オス・メス)」というテーマで書いてみたいと思います。

ジャパンケネルクラブの概要を見てみました。


原産地
日本
用途
家庭犬
沿革
柴は日本古来の土着犬である。

「シバ」とは元来「小さなもの」「小さな犬」を意味する。

柴は日本海に面した山岳地帯に生息し、小動物や鳥の猟犬として使われていた。

その産地ごとにわずかな違いがあった。

1868年から1912年にかけて、

イングリッシュ・セターやイングリッシュ・ポインター等の

犬種がイギリスから輸入され、狩猟がスポーツになり、

これらのイギリス犬種との異種交配が流行すると、

純粋な柴は珍しくなり、

1912年から1926年までにはこの地域で純粋な柴はほとんど見られなくなった。

1928年頃からハンター及び知識人が純粋な柴の保護に関心を示し始めた。

限られた純粋な血統の保護は重大になり、

ついに1934年社団法人日本犬保存会のスタンダードが制定され、

1936年柴は天然記念物に指定され繁殖、

改良されて今日知られる優れた犬種となった。

一般外貌
小型でよく均整がとれており、

骨格がしっかりとして、

筋肉がよく発達している。

体質は強健で素朴感があり、

動作は敏捷で、かつ自由で美しさを有している。

習性/性格
忠実で、感覚鋭敏、警戒心に富んでいる。

毛色
赤、黒褐色、胡麻、黒胡麻、赤胡麻。

上記毛色は全て「裏白」でなければならない。

サイズ
体高

牡:39.5cm 牝:36.5cm

それぞれ上下各1.5cmまでとする。

もともと、日本の土着犬として、広く知られている小型犬の代表犬ですね。

日本のどこでも、庭に飼われているのは、柴犬でした。

純粋犬かどうかわからないのがほとんどです。

柴犬として、保存しようと、

「日本犬保存会」が和紙で作った血統書を作って、保存に乗り出しました。

また、ジャパンケネル小ラブでも、柴犬の血統書を作り保存に貢献しています。

ですから、2つの柴犬のスタンダードが違うため、形が多少違っています。

それを区別するのに、タヌキ顔とキツネ顔と言って顔の特徴を、示しました。

日本犬保存会では、粗野な日本犬を好みましたから、キツネ顔

ジャパンケネルクラブでは、洋犬の観点から タヌキ顔が評価の対象とされました。

ペットットして飼われているのは、番犬として外犬に柴犬が好まれ、

オスが人気がありました。

ですから、オスのほうが高額です。

メスは、むしろ飼う人が少ないという時代もありましたね。

血統書なしが多く、雑種化していた時代もあったので、

純粋犬として固定化されたのは歴史が浅いといえます。

オスの性格は当然、激しく、番犬にふさわしい用心深さと

飼い主に忠実で、他の人には警戒心があるので、

日本人にはその性格がたまらないらしく

代々柴犬を飼う人が多いですね。

メスは、オスと比べて、おとなしく番犬と言うより

子供の遊び仲間として、近所の子どもたちと一緒に遊んでいる

風景があって、メスが特に多いわけではありませんが、

オスよりただのとなりのような価格でしたから、

メスを買っている家庭も多かったと思います。

現在は、日本犬の代表として、世界中に愛好家がいて

とても人気犬となってしまいましたので、かなり高額となりました。

たぬき顔が、人気があり今ではほとんどがタヌキ顔ですね。

でも、日本犬保存会は、本来の柴犬保存を目的に、

繁殖していますので、狐顔が多いようです。

またごまといって、まだらになる柄がまれに出てきます。

仔犬の時は、赤ななのに成長すると、しましまの柄が出てきます。

マニアは、とても珍重され、欲しがるのですが、

シバではないと、文句を言ってくるかたbがいて、

説明するのに大変ということがあったのを、

思い出しました。

白いシバもコマーシャルのお父さん犬に似ていることから、

欲しがる方が多いですね。

本来。ミスカラーと言って、

野生では、目立つためあまりよくない印象があります。

世の中、欲しがる方がいれば、

シバといえども血統を重んじるのですが、

高額で取引されると残ってしまいます。

もともと、「裏白」といって顔が白くなっているので、

全体に白っぽくなて退化する事があります。

黒褐色の犬をかけ合わせ、退色を防ぎます。

 

 

 

 

 

名古屋の犬しつけ教室
わんわんマナースクール
{54A764FB-92AA-4961-9DA3-8DB91F65768A:01}
愛知県名古屋市南区千竈通1-39-2
TEL:052-824-1313

しつけスクール情報

名古屋の犬しつけ教室
マナースクール


愛知県名古屋市
南区千竈通1-39-2
TEL:052-824-1313

 メニューと料金

ライタープロフィール

ページ上部へ戻る